開運風水術の紹介サイト。インテリア風水、開運グッズで幸せに。

風水インテリア 開運Navi > 風水の基礎知識 > 風水(堪輿)とは

風水の基礎知識

風水(堪輿)とは


スポンサーリンク

「気は風に乗(じょう)ずれば散(さん)じ、水に界(へだ)てられれば即(すなわ)ち止(とど)まる。古人はこれを聚(あつ)めて散ぜしめず、これを行いて止めるあり。ゆえに、これを風水(ふうすい)という」

有名な郭璞(かくはく)の著した「葬書」の一説です。


風水」は、古代中国の考え方で、大地の「気」の流れを掴み、物事の判断の役に立てようというものです。(別名:堪輿(かんよ))

つまりは、気の流れを調べて、どこにどのような気が集まるかを解明し、不運を避け、開運をはかるのが風水なのです。


「風水」の起源は、古代中国になります。
「気」の流れを研究し、都をつくるために幸運を呼ぶ土地を見つけたり、軍を効果的に配備したりするために用いられていました。

本来、国を興す土地を見出す為の術とされ、一般の人ではなく、皇帝が学ぶ学問でした。風水術は秘密にされていたそうで、その秘密を破った者は殺されたりしたそうです。

皇帝家の滅亡後は、秘密ということはなくなり、それが広く知られるようになったとか。

現在は、全国各地に風水師が現れ、いろいろな流派、やり方があり、それぞれの風水術があります。


「風水は迷信だ」「胡散臭い」などと思っていませんか?
でも、風水の基本を学べば学ぶほど、実は理にかなった学問だということがわかります。
管理人も、風水を勉強する前は疑っていました(汗)


悪い気を呼び込むのも、良い気を呼び込むのも、すべてはあなた次第です。

「風水」という知恵を上手に活用し、自然と調和しながら、無理なく幸せな生活を送っていきましょう。