開運風水術の紹介サイト。インテリア風水、開運グッズで幸せに。

風水インテリア 開運Navi > 風水の基礎知識 > 風水の種類

風水の基礎知識

風水の種類


スポンサーリンク

風水は吉凶をみる対象によって、次の3種類に分けられます。

地理風水(ちりふうすい)
陰宅風水(いんたくふうすい)
陽宅風水(ようたくふうすい)

それではひとつずつ説明していきましょう。


まず、「地理風水
これは読んで字のごとく「地の理(ことわり)」をみる風水です。国家建設や都市計画など、大規模な事業計画で用いられます。

中国・韓国の都はもちろん、日本の京都(平安京)は、この地理風水によって建設されました。


次は、「隠宅風水
お墓やほこら、廟などの場所を選ぶための風水です。先祖を風水上良い場所(龍穴)に埋葬することで、その良い影響を子孫に与えることを目的としています。

陰宅風水の例としては、中国明王朝の陵墓である明の十三陵が有名です。


最後に、「陽宅風水
人(生物)の居住空間のための風水で、家に良い気を招き入れ、悪い気を払うことを目的としています。

現在、一般的に風水といわれるのは、この「陽宅風水」になります。