開運風水術の紹介サイト。インテリア風水、開運グッズで幸せに。

風水インテリア 開運Navi > 風水の基礎知識 > 陰陽という考え方(陰陽説)

風水の基礎知識

陰陽という考え方(陰陽説)


スポンサーリンク

陰陽」は、風水の基本となる思想のひとつです。

世の中に存在するものすべてが「陰」と「陽」に分けられるという考え方で、これを「陰陽説」といいます。


例を挙げると、

陰陽  

という具合です。

例の表を見てもらっても分かるように、それぞれ正反対の性質を持っています。

「陰」と「陽」は複雑にからみ合い、対立しつつ、お互いを補い合っています。ですから、どちらか一方が欠けてはいけません。

性質の違う2つのものがからみ合うバランスによって、物事は調和しているのです。

風水では、この「陰陽」を状況に合わせて使い分け、バランスよく取り入れ、物事の調和を目指しています。


また、陰陽の気は一定ではなく、流動的に動いているので、「完全な陰」や「完全な陽」というものは存在しないのです。

昼にも暗い場所はありますし、夜にも明るい場所はありますよね?
「陰」の中にも「陽を含む陰」があり、「陽」の中にも「陰を含む陽」があるのです。