開運風水術の紹介サイト。インテリア風水、開運グッズで幸せに。

風水インテリア 開運Navi > 風水の基礎知識 > 五行という考え方(五行思想・五行説)

風水の基礎知識

五行という考え方(五行思想・五行説)


スポンサーリンク

「陰陽」と並んで、風水の考え方の重要な基盤となっているものがあります。

それは、自然界のすべてのものは「木・火・土・金・水」の5つの要素から成るという考えで、「五行説」というものです。

「五行大義」(Theory of Five Elements)として有名なこの考えは、これらエネルギーのタイプを、以下のように定義付けています。

○「」・・・樹木が枝葉を伸ばすように、「外向きに広がるエネルギー」を象徴します。まさにこれから何か新しいものが生まれてくるような「生命力」と「春」を表します。

○「」・・・燃え上がる炎のごとく、「上昇するエネルギー」を象徴します。季節は「夏」です。

○「」・・・すべてのものを「包容し調和させるエネルギー」を象徴します。地表を水平に循環します。季節の変わり目を表し、他のエネルギーの「中央」に位置します。

○「」・・・全エネルギーの中でもっとも密度の濃い金は、「内向きのエネルギー」を象徴します。
金属のように、自由に造形でき、しかも鍛えても適応できる性質があります。季節は「秋」です。

○「」・・・「下向きのエネルギー」を象徴します。物事が最大限の休息と集中に入る段階です。何かが誕生する前の静けさ、暗さ。季節は「冬」です。


この「五行」もお互いに影響しあい、相互の関係があります。次のページで説明します。