開運風水術の紹介サイト。インテリア風水、開運グッズで幸せに。

風水インテリア 開運Navi > 風水の基礎知識 > 風水における「龍・穴・砂・水」「四神相応」

風水の基礎知識

風水における「龍・穴・砂・水」「四神相応」


スポンサーリンク

巒頭風水の一般的な判断には「龍・穴・砂・水」という四大原則があります。

「龍」は、大地の気の流れのことで、「龍脈」とも呼ばれます。
理想的な「龍脈」は、起伏があって曲がりくねったもの。

「穴」は、龍脈から流れてきた気が集まるパワースポットです。「龍穴」といいます。穴は山脈が終わって、平地になる少し手前にあります。


」は、穴(龍穴)を守る環境のことで、周囲の山を指します。
理想的な「砂」は、山脈の末端が龍穴を両手でかばうように、二股に分かれて龍穴を囲んでいるもの。

」は、文字どおり水の流れです。(川、湖、池、海)「水龍」とも呼ばれます。
理想的な「水」は、川が龍穴を包むように流れているもの。


これらの「龍・穴・砂・水」の条件を満たした土地は「四神相応」と呼ばれ、条件を満たした土地に住めば、人は天地からの強い「気」を受けて繁栄できると考えられています。