開運風水術の紹介サイト。インテリア風水、開運グッズで幸せに。

風水インテリア 開運Navi > 八宅風水・九星術の基礎知識 > 二十四方位の意味とパワー

八宅風水・九星術の基礎知識

二十四方位の意味とパワー


スポンサーリンク

「八方位」をさらに3つずつ細かく分けたものが「二十四方位」です。これは主に家が持っている運気を調べるためのものです。

これから家を建てようと思っている人は、この「二十四方位」を考慮に入れた方が強運な家をつくることができるでしょう。

「二十四方位」は、「座山」でみていきます。「座山」とは、その家の玄関と反対の方向のことです。詳しい座山の求め方については、後ほど説明します。

【二十四方位の意味とパワー】

壬(みずのえ)・・・強力な財運を持つ方位で、巨額の富を築くことも可能です。また、人の上に立つという意味があります。


子(ね)・・・人徳のある大人物を生む可能性があります。また、チャンスをつかむという意味があります。


癸(みずのと)・・・実業界で成功するという意味がある方位です。


丑(うし)・・・倉を意味し、蓄財に適した方位。堅実に財を築きたい人向きです。


艮(ごん)・・・財産を意味する方位。しかし表鬼門なので、大成功か失敗の岐路に立ちます。


寅(とら)・・・病気に縁があり、扱いが難しい方位です。


甲(きのえ)・・・健康・体力を害する方位。しかし信念を貫くことができれば、富と地位を手にすることができます。


卯(う)・・・権力を手にする方位。国家的リーダーや指導者になり、仕事で大成功を収めることができます。努力家の人物を生みます。


乙(きのと)・・・芸術、芸能に向いている方位です。男性よりは女性が才能を評価されます。


辰(たつ)・・・倹約という意味があり、貯蓄に適した方位です。


巽(そん)・・・文章宮を意味し、勉強や試験に強い方位です。


巳(み)・・・食に縁が深い方位なので、食堂や料理店に最適です。


丙(ひのえ)・・・「地位・名誉・貴」を意味する方位で、会社員より政治家などが向いています。人望のある人を育てます。


午(うま)・・・離別という意味があります。運に乗ると国家的指導者を生みますが、家族が離散してしまう可能性もあります。


丁(ひのと)・・・健康と長寿に恵まれる方位。うまくいけば、どんな分野でも周囲から認められて成功します。


未(ひつじ)・・・財を積むことができる方位。名誉や地位よりも財に縁がありますが、継続させるには努力が必要です。


坤(こん)・・・裏鬼門の方位です。通常はこの方位を使わない方が良いでしょう。うまくいけば、偉大な人物を生むことがあります。


申(さる)・・・パワーが弱い方位です。とくに凶作用はありませんが、大きな成功を手にすることはなかなか困難です。


庚(かのえ)・・・「英雄・決断力」を意味し、とてもパワーの強い方位です。勇気と決断力を与え、指導者を生みます。


酉(とり)・・・「公共・官公庁・神社・仏閣・名声・官職・高貴」を意味する方位で、神社や仏閣で好まれています。ただし、異性関係のトラブルに注意。


辛(かのと)・・・「秀才」「英知」を意味するので、学者や研究者、文筆家向きの方位です。


戌(いぬ)・・・財に恵まれやすい方位。不動産関係で財を築けるでしょう。土地選びがポイントになります。


乾(けん)・・・「墓所・住宅」を意味し、強いパワーがある方位です。住居やお墓にとって理想的な良い方位です。ただし、周囲との強調を忘れずに。


亥(い)・・・北極星のある重要な方位です。二十四方位のすべてを支配する方位でもあります。徳のある大人物が育つでしょう。地位や名声にも恵まれます。