開運風水術の紹介サイト。インテリア風水、開運グッズで幸せに。

風水インテリア 開運Navi > いよいよ風水判断! > 太極(家の中心)についてと求め方

いよいよ風水判断!

太極(家の中心)についてと求め方


スポンサーリンク

自分の家の方位が正確に分かっていますか?

まぁ、こんなものだろう・・・。みたいな感じで方位をみてしまうと、間違った風水となり、効果が表れないばかりか、逆効果になってしまうこともあります。

的確な風水を行うには、八方位を正しく求めることが重要なのです。

この八方位を求めるには、まず、「太極」を定めることが先になります。なぜなら、家の中の方位はこの「太極」を中心に調べていくからです。

説明が遅れましたが、「太極(たいきょく)」とは「家の中心」のことを指します。また、「小太極(しょうたいきょく)」というのもあり、これは「部屋の中心」を指します。


さて、「太極」を求めていきたいと思います。

<まずは用意するもの>
筆記用具
定規
家の見取り図


<対極の求め方>
張りや欠けがない場合
正方形や長方形、台形の家の場合は、四隅に対角線を引いて、線の交わったところが対極(中心)となります。
張りや欠けがない

張りが3分の1以下の場合
張り出している部分が、一辺の3分の1以下であれば、その張りは「ない」と考えて対角線を引きます。
張りが3分の1以下

欠けが3分の1以下の場合
欠けている部分が、一辺の3分の1以下であれば、その欠けは「ある」と考えて対角線を引きます。
欠けが3分の1以下


家が2階建て以上の場合でも、必ずその階ごとに「太極」を求めるようにしてください。小大極でも同様です。

また、家の形が複雑で「太極」が判断しにくい場合は、専門家に判断してもらった方がいいでしょう。


次のページには太極を求める別の方法を載せています。