開運風水術の紹介サイト。インテリア風水、開運グッズで幸せに。

風水インテリア 開運Navi > 風水開運グッズ詳細情報その1 > 風水グッズアイテム・開運の財布

風水開運グッズ詳細情報その1

風水グッズアイテム・開運の財布


スポンサーリンク

開運・財布 黄金の財布

毎日のように使う財布は、金運とは切っても切れない関係で、金運を大きく左右します。

自分のお気に入りの財布を持って、大事に扱うことが大切です。
お金にとって居心地の良い空間を作ってあげれば、お金のほうからあなたの財布に飛び込んでいくことでしょう。


金運がアップする財布選びのポイントには「色」「素材」「形、大きさ」の3つがあります。

<色>
○赤・・・赤は「火」を象徴する色なので、「お金を燃やす」といわれています。心理的にも。赤は衝動・行動を起こさせる色で、無駄遣いが多くなるでしょう。

○青・・・青は心理的に落ち着く色なので、冷静な判断ができますが、「水」をイメージするため、「お金を流す」といわれています。意外なところでお金がポタポタ落ちていくでしょう。

赤や青以外なら、自分の好きな色を選べばOKですが、おすすめするのは「黄色」「黒」の財布です。

黒には、「秘密、蓄える」という意味があり、一度入ってきたお金がなかなか出て行きません。一説では、外側が「黒」で内側が「黄色または金色」の財布がお金が貯まる財布といわれています。



<素材>
財布の素材は、自分の手になじむものであれば、布でも革でもかまいません。一般的に縁起が良いとされるのは「蛇革財布」です。開運蛇の抜け殻付き財布


<形、大きさ>
「折り財布」と「長財布」がありますが、「長財布」のほうをおすすめします。人間が体を自由に伸ばしたほうがリラックスできる―――というように、お札も折り曲げずに広げたほうが快適で、いつまでもそのお財布の中に入っていたいという考えからです。ただし、使いやすさを重点とすることが大切ですので、無理に慣れないものを選ばないようにしましょう。


金運の良くなる上手な財布の使い方

○古くなったら買い換える
古くてボロボロになった財布には金運が宿りません。
新品の財布を使い始めから、どんどん金運が落ちていき、約3年で財布のパワーがなくなるといわれています。財布の耐久性や使用頻度によって差はありますが3年を目安として、新しいものに買い換えましょう。

○財布の中を整理整頓する
財布はお金の住処です。「家の中が汚れていると運気が落ちる」というのは財布の中も同じです。レシートや期限切れクーポン券、要らないカードなどがいっぱいで、財布の中が雑然としていると金運低下につながります。財布の中は常に片付けておくのが基本です。簡単にできるので今すぐにでも実行しましょう。

○お札の向きを揃えて入れる
お札に描かれている人物の「頭」を下に向けて入れておくと、「頭が重くて出られない」ということから、無駄遣いを避けられるというものがあります。また、向きを揃えることにより、お金を大切にしているという姿勢につながり、自然と金運がアップするとか。


お金は、暗くて静かなところが好きなので「北方位」に置くのがベストです。
バッグの中に入れっぱなしだったり、机の上に出しっ放しにしたりしないでください。あと、台所に置くのはNGです。